新社会人のサラリーマンになるとクレジットカードの一つや二つを持っておきたいと感じるものです。しかし、まだ働き始めて少ししか経っていないのにクレジットカードを作ることが出来るのでしょうか。

新しく会社員としての生活を始めたばかりでもクレジットカードを作れるのかどうか調べてみました。

新社会人でもクレジットカードを作れるのか?

結論から言うと社会人になって3ヶ月も経っていれば問題なくクレジットカードを作ることが出来ます。ですが、ほんとに働きだしたばかりで初給料を受け取っていない人はクレジットカードの作成審査が厳しく発行できないこともあります。このような場合簡単な解決方法があります。

それは、会社が指定する給与受取口座の銀行でクレジットカードを作ることです。給与の振込口座は基本的に自由ですが、会社によっては入社する際、給与振込の銀行が指定される場合があります。その銀行が発行するクレジットカードを申し込むと高い確率で審査を通過しカードを作ることが出来ます。

ほとんどの会社には取引をしている銀行があり、そこの銀行を給与振込口座にしていますので、審査に通るか不安な方はまずは会社指定の銀行でクレジットカードを作るようにすることをおすすめします。銀行としても自分の取引先に勤めている人ですから、信用してカードを発行してくれるでしょう。

年収はどう記入したら良いのか?

まだ働き始めていないのにどのように年収を記入したら良いのでしょうか。年収というのは推測や見込みで問題ありませんので、受け取る予定の年収を記入します。まだ2ヶ月ほどしか勤めていないなら、2ヶ月分の給料を1年受け取った合計額を記入します。※年俸制の会社であれば提示された年俸額をそのまま記載すればOKです。

仮に15万円を月に給料としてもらっているなら、15万円の12ヶ月分である180万円を年収として記入しましょう。もちろん年に2回のボーナスを受け取ることが出来るなら、ボーナスを含めた年収を記入出来ます。

給料を受け取る時というのは、そこからすでに所得税や住民税、そして社会保険料や会社の積立金などが引かれています。実際の給料よりも手取りの給料はかなり減っているのです。クレジットカードを申し込む時は手取りの給料を書いてはいけません。申込書には諸々の税金が引かれる前の総支給額を記入するようにしましょう。

クレジットカード会社は年収の金額を見ますが、それだけが全てではありません。むしろ正社員であるかどうかに審査の基準を置いています。クレジットカード会社は毎月の収入が安定している人にカードを使って欲しいのです。正社員として採用されているなら、ほぼ確実に審査に通り、クレジットカードを作ることができるでしょう。

初めてのクレジットカード作成!年齢制限と年収などの審査基準

初めての1枚はどんなクレカがおすすめ?

新社会人サラリーマンの方で初めてクレジットカードを作るなら大手のクレジットカードで盗難保険が付いているものが良いでしょう。大手のクレジットカードはサポートサービスが充実しているので、紛失や盗難にあった際もセキュリティ面でも安心です。海外旅行での利用も視野に入れているなら海外旅行保険付きのカードを選ぶ時には優先させましょう。

国際ブランド選びも非常に重要になってきますが、初めての1枚ならVISAかJCBがいいでしょう。VISAは世界中で最も使える場所が多い国際ブランドです。JCBは日本国内だけで見ればVISAよりも使える場所が多いです。

年会費無料か有料で迷うかもしれませんが、初めは無料のカードで十分です。Amazonでよく買い物をする方ならオリコカードがおすすめです。ポイント還元率が高く他のカードで買い物をするよりもお得になります。

初めてのクレジットカードは年会費無料・有料どっちを選ぶ?違いを比較

審査に落ちやすい原因と対策

新しくクレジットカードを作ろうとして審査に落ちてしまう新社会人はいほとんどいませんが、審査落ちしてしまう人はゼロではありません。審査に落ちる人の原因の多くは、学生時代に作ったクレジットカード料金の滞納履歴です。(携帯電話の料金の支払いがクレジットカードになっていて、残高不足で支払いが遅れた経験のある人など)

信用情報にすでに滞納の履歴が残っているなら、完全に履歴が無くなる5年かかることもあります。当然その間クレジットカードは作れません。また、派遣社員や契約社員としての雇用の場合は審査に落ちてしまう可能性があります。

正社員に比べて審査が厳しくなる、契約社員や派遣社員の方は審査に通りやすいクレジットカードを探すところから始める必要があります。ただ、年会費無料のクレジットカードであれば雇用形態に関係なく審査が通りやすいカードも多くありますのでそこまで心配はいらないでしょう。

まとめ

新社会人のサラリーマンであっても問題なくクレジットカードを作成することは可能です。当サイトでご紹介している大手のクレジットカードを最初の一枚として申し込んでみるのが良いでしょう。

初めてのクレジットカード作成!作り方からおすすめクレカまで

保存

保存

保存

保存

保存

保存