クレジットカードは毎日の支払いに欠かせないものとなっていますが、意外と知られていないのが公共料金などをカードで支払えると言うことです。口座振替のほうが一般的なためにクレジットカード払いのお得感をまだ知らない人がいます。

ここでは、クレジットカード払いで公共料金や携帯電話、そしてインターネット代が安くなるのか情報をまとめてみました。

公共料金を安くするならクレジットカード払い

口座引き落としや請求書での支払いに比べてクレジットカードでの支払いはお得であると言えます。特に公共料金や携帯電話、そしてインターネット代などの固定費はクレジットカード払いがおすすめです。なぜならクレジットカード会社が設定している支払額に応じたポイントを貯めていくことが出来るからです。

それらのポイントは金券にしたりキャッシュバックしたり出来ますし、マイルに変更することも可能です。街の買い物などでも使うことが出来ますので、あたかも現金のように使えます。

このポイント還元率を考えると、多くの固定費がクレジットカード会社によって割り引かれていると考えられます。ポイント還元率の高いクレジットカードなどは100円で1ポイント貯まるようになっていますのでかなりのお得度になります。

口座振替とどっちがお得なのか

ただし公共サービスによっては口座振替を選ぶことによって割引を受けられる場合があります。口座振替の割引料金は年に換算するとほとんどクレジットカードと変わらないか、クレジットカードのポイント還元率より落ちます。そうすると使い勝手の良いクレジットカードのポイントをもらった方がお得感は高くなります。

クレジットカードの引き落としにするとポイント以外にも支払日がどの公共料金も一緒になるので支払いの管理が簡単になります。うっかり口座にお金を入れ忘れて口座振替が出来なかったなどのトラブルが起きないのです。クレジットカードの明細を見れば一目ですべての公共料金や携帯電話料金、そしてインターネット代が分かるので家計の管理もしやすくなります。

すべての公共料金をクレジットカード払いにして支払いをまとめるなら、生活費の見直しが簡単に出来たり、効率的な家計の運用が出来るようになって、かなりの節約が可能になるでしょう。

年会費無料のクレジットカードで支払いをするならさらにお得感は高まります。ポイント還元率が高い年会費無料のカードがありますし、カードと提携しているスーパーなどで割引を受けられるものもありますのでトータルでかなり節約が出来ます。

初めてのクレジットカード作成!作り方からおすすめクレカまで

おすすめクレジットカードの特徴

少しでも安く支払いをしていきたい時には年会費無料のクレジットカードは有力な選択肢です。年会費無料ながらポイント還元率が高いカードを選ぶのが良いでしょう。付与されるポイントが使える場所が多いというのもクレジットカードを選ぶ時には大切です。

せっかくポイントを貯めても使える場所が限られているならお得感は薄れてしまいます。クレジットカードのポイントが大手のインターネットショップで使えたり、街のお店で使えたりするかどうかを確認してください。

携帯電話の支払いに充てられるものもあるので、自分の携帯電話の会社と提携しているカードかなどもチェックしておきましょう。マイレージカードを持っているなら自分のアライアンスのマイルにポイントを返還できるかどうかも大切なチェックポイントになります。

ポイントを貯めるのが面倒くさいと感じる人には、ポイント分を自動的に次の月の引き落とし料金から割り引いてくれるカードもあるので便利です。

クレジットカード払いにするとお得になる固定費

上記に上げた料金以外にもクレジットカードで支払った方が良い固定費はあるのでしょうか。電気料金の支払いをクレジットカードにするとお得になることがあります。水道料金をクレジットカード払いにすることが出来ますが、これは自治体によって変わってきますので、自分が住んでいる場所の自治体に確認してみましょう。

最近では雑誌や漫画の読み放題サービスが人気ですがそれらのサービス使用料やネットオークションの定額料金などもすべて同じクレジットカードにまとめるとお得です。

覚えておきたいのは税金の支払いもクレジットカードで行えることです。国民保険や固定資産税などは支払金額が大きいので、クレジットカードを使うとかなりポイントが効率的に貯まっていきます。

税金をクレジットカードで支払う時にはちょっとしたコツが必要なのできちんとリサーチをしておきましょうね。携帯電話やインターネット代を一緒にクレジットカードで支払うと割引になることもあるのでチェックしておきましょう。

まとめ

毎月必ず出て行く公共料金や携帯電話料金、そしてインターネット代をクレジットカード払いにするならかなり実質的には支払料金が安くなります。

貯まったクレジットカードのポイントの使い道もたくさんありますので、自分のライフスタイルに合ったポイントを扱っているクレジットカードを選ぶようにしましょう。