「クレジットカードの種類が多すぎてどれにしようか迷ってしまう」という方にクレカの選び方を紹介します。具体的なクレジットカードの選び方がわかると、メインクレカとサブクレカの組み合わせ方もわかってくるので参考にしてみてくださいね。

クレジットカードの上手な選び方

クレジットカードを選ぶにあたり大きく3つのポイントがあります。

国際ブランド

クレジットカードを選ぶときにとても大切なのが国際ブランドです。

国際ブランドは、下記のような名前で呼ばれています。

  • JCB
  • VISA
  • MasterCard

国際ブランドは簡単に言うと決済機能を提供する会社のことです。上記3つの国際ブランドが有名です。その他にもDiners、アメリカン・エキスプレス(AMEX)などもありますが、ステータスや特典にこだわりがなければ選択する必要はないでしょう。

日本国内メインで使うのであればJCB。海外利用での利用も考えているならVISAかMasterCardを選ぶと良いでしょう。ただし、日本国内でも店舗・ネットショッピングサイトによってはJCBが使えないこともありますので、JCBを持つだけでなくVISAかMasterCardもあわせて持っておくと決済出来なくて困ることがなくなります。

VISAとMasterCardどっちがいいの?と疑問に思った方は、世界で一番普及してVISAがおすすめです。MasterCardはヨーロッパ圏で使える場所が多くなりますので、海外旅行や海外出張でヨーロッパ圏に行かれる方におすすめです。

クレジットカードの作り方!おすすめクレカをご紹介

年会費の有無

クレジットカードを選ぶとき、もっとも気になるのが年会費の有無ではないでしょうか。多くのクレジットカードが最初の1年目は年会費無料としています。しかし、大切なのは2年目以降の年会費です。

最初は利用者を増やすために年会費を無料にしていますが、2年目から年会費が発生するカードも多く実は得なカードではなかった…。となる場合もありますので気をつける必要があります。年会費無料とうたっていても、「一定回数以上の利用」や、「5万円以上の利用」など、条件付きで無料になるカードも多いです。

最近は「永年年会費無料」のカードもたくさんあるので節約重視の方は無料のカードを選びましょう。「永年」書かれていれば無条件で年会費無料になるカードが大半ですので選ぶ基準にしてみてください。

初めてのクレジットカードは年会費無料・有料どっちを選ぶ?違いを比較

ポイント還元率

ポイントの貯めやすさも重要です。ポイントはそのまま買い物で割引として利用できますので、節約志向の方は必ずチェックしておきたい箇所です。

特定のインターネットショップや百貨店など頻繁に利用するときには、そのサイトやお店ででポイントが貯まりやすいクレジットカードを選ぶようにしましょう。

ネットで買い物

Amazonで買い物をが多い方は、ポイントが貯まりやすい「オリコカード」がおすすめです。楽天での買い物が多い方は、「楽天カード」にするとポイントが貯まりやすく貯まったポイントも使いやすいのでおすすめです。

実店舗で買い物

マルイで買い物をする場合は、割引がきく「エポスカード」がおすすめです。西友で買い物が多い方は「セゾンカード」が第一候補になるはずです。セブンイレブンをよく使うなら「セブンカード・プラス」もいいですね。

このように自分の生活やショッピングスタイルによって最適なカードは変わってきます。自分に合ったカードを見つけたいですね。

複数の電子マネーが付属しています。そうすると電子マネーで買い物できる場所が増えますし、チャージの度にポイントを無駄なく貯めることが出来ます。

メインクレカとサブクレカとは?

クレジットカードを作るとき、ネットでメインクレカとサブクレカという言葉を目にするかと思います。これは、2枚以上クレジットカードを持つ場合、どれを主に使うかで呼び名が変わってきます。

当たり前のことかもしれませんが、メインクレカとサブクレカというカードがあるわけではありません。誰かのサブクレカは、誰かのメインクレカの場合もあります。

クレジットカードは何枚持つのがいいの?

おすすめはメインクレカ1枚、サブクレカ1枚の2枚持ちです。間違いの少ない決め方は、まずメインクレカを決定。次にメインクレカに足りないサービスをサブクレカで補完できるカードを決めます。

メインクレカの選び方

何を基準にカードを選ぶかは人それぞれですが、メインクレカであればポイント還元率やカードの信頼性やセキュリティを基準にして決めている人が多いです。ポイント還元率は単純に率の高さだけでなく、よく買い物をするお店がどこなのかによって決めたほうが失敗が少ないです。

ご紹介した通り、Amazonで買い物が多いなら「オリコカード」 楽天で買い物が多いなら「楽天カード」が候補になるでしょう。信頼性やセキュリティを重視するなら銀行系カードの「三井住友VISAカード」を選ぶ方が多いです。

銀行系クレジットカードは審査が厳しい?メリット・デメリットは?

サブクレカの選び方

サブクレカを作るときに大切になるポイントをまとめました。なんとなく2枚目を発行するのではなく、目的を持って発行することで節約につながったり生活が快適になったりします。

国際ブランドを分ける

2枚目のクレジットカードを作るのであれば、国際ブランドを分けましょう。すでにJCBを持っている人であれば、VISAかMasterCardを選びます。VISAかMasterCardを持っている人はJCBが候補になるでしょう。

国際ブランドを統一してしまうと、JCBが使えないお店や、VISAが使えないお店が出てきて場合にクレジットカード決済できなくなってしまいます。1つの国際ブランドで全ての決済を完結させることは、現状では難しいので2枚目以降は必ず国際ブランドを分けるようにしましょう。

ETCカード専用のサブクレカを作る

ETCカードはクレジットカードのオプションとして発行されますので、親になるクレジットカードが必要です。今持っているクレジットカードでETCカードを発行できる場合もありますが、カードによっては年会費が有料になるかもしれません。

※年会費無料のクレジットカードでもETCカードは有料の場合も多々あります。

年会費を抑えたい方は、ETCカード発行目的でクレジットカードを発行するのもおすすめです。この際、今持っていない国際ブランドを選んでおくとメインクレカの不足を補うことができます。クレジットカードとETCカード共に年会費永年無料のカードもありますので検討してみましょう。

サブクレカで家族カードを作る

家族にクレジットカードを持たせたいと思われている方は、家族カードが無料で作れるクレジットカードをサブクレカにするという方法もあります。

家族カードがあれば家計の予算管理もしやすいですし、旅行の時など分かれて買い物をするときにとても便利です。自分や家族がよく使う電子マネーに簡単にチャージしてポイントが貯まるかどうかもチェックしておきましょう。

まとめ

これからクレジットカードを選ぶときには国際ブランドや年会費、そしてポイント還元率などを規準にしましょう。サブクレカを作ろうと思っている方は、国際ブランドやETCカードが作れるか、家族カードは必要か?などを考えて自分に合ったカードを探していきましょう。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存