クレジットカードを初めて作成する場合、色々と緊張するもので審査が気になります。作成にあたっては年齢制限や年収などの様々な審査基準があり、これらの審査に通らないとクレジットカードを作れないことがあります。

ただクレジットカード会社は明確な審査基準を公表していないので、どのような審査かあるのかを見ていきましょう。

年齢制限がある

まず初めてクレジットカードを作る場合、注意しないといけないのが未成年者は申込めないことです。基本的に20才以上の社会人なら誰でも申し込めるのですが、安定した職業についていて定期的に収入がある必要があります。

18歳未満の未成年の人は自分のクレジットカードを持つのは無理で、たとえ働いていて安定収入があったとしても難しいです。18歳以上になるとクレジットカードに申し込むことはできるのですが、未成年の場合は申し込みに際して親権者の同意が必要になります。

学生専用のカードで学生のためのクレジットカードであれば学生でも審査が通りやすく利用可能なのですが、高校生はクレジットカードを持つことはできません。しかし高校生でも学生カードを発行してくれるケースもあるので、一度クレジットカード会社に確認してみるとよいでしょう。また例外として、未成年者でも両親が所有しているクレジットカードの家族カードを持つことは可能なので頼んでみるのもいいかもしれません。

返済力があるかどうかがポイント

クレジットカードの審査をする場合、申込者の年齢や職業、勤続年数、年収などをチェックすることでまず支払いできる能力があるのかどうかを判断します。年齢的には若い世代ほど審査に通りやすく、20から30代の自由にお金を使える世代の評価が一番高く、審査時の評価が高くなる傾向にあります。

職業で有利なのは公務員や医師、弁護士になりますが、年収が高ければ一般のサラリーマンでも審査に通りやすなります。自営業者や非正規社員の場合、収入が安定しにくいのでどうしても評価は低くなります。アルバイトやパートの場合はさらに収入が安定していないのでより厳しくチェックされます。

勤務先の規模も審査には影響し、大手企業や上場企業であれば評価は高くなり、大きな組織なら倒産するリスクが少ないと判断されます。勤続年数については同じ会社に長く勤めている人ほど評価は高く短いと評価は低くなり、年収はもちろん高ければ高いほど評価は高くなります。

申込者の資産や財産も審査する

カード会社は返済能力を審査した後、申し込む人の生活状況を審査していきます。まず住居形態をチェックするのですが、評価は自己名義の持ち家が一番高く、次いで社宅、賃貸マンション、公営住宅の順となります。居住年数は同じ場所に1年以上住んでいることが望まれるのですが、分譲住宅の場合は半年程度であっても大丈夫です。

家族構成については審査では1人暮らしの人の評価が高く、比較的自由にお金を使えるからです。既婚の場合は子供がいるよりはいないほうが審査に有利で、子供がいる場合は多少審査が厳しくなります。もっとも安定した収入があって資産があれば特に問題はないでしょう。独身の実家住まいで親と同居している人はカード会社からもっとも喜ばれる存在で、既婚で親と同居している人も比較的審査時の評価は高くなります。

初めてのクレジットカード作成は通りにくい?

初めてのクレジットカード作成の場合、クレジットヒストリーが無いことから審査に通りにくくなることが多々あります。たとえ審査に有利な属性であっても、個人信用情報にクレジットヒストリーがないと審査落ちになる可能性が高くなるので注意が必要です。個人信用情報機関にデータがなく、これまでのカードの利用履歴がないと大きく審査に影響されます。

過去にローンやカードの利用履歴のない初めてクレジットカードを申込む人については、カード会社に対して明確な利用目的を提示して手続きを進める必要があります。明確な利用理由がカード会社に伝われば審査に通る確率が高くなります。

まとめ

これまでカード利用が1度もないクレジットヒストリーが存在しない初めての利用者は、利用可能枠をできるだけ低くして利用目的を明確にしましょう。

初めてクレジットカードを作る時は審査を行なうので、あらかじめどのような審査があるのかを知っておきましょう。利用履歴のない初めての申込みの場合は利用目的を明確にすると審査に通りやすくなるでしょう。