クレジットカードと言ってもいくつか種類があり、プリペイドクレジットカードやデビットカードなどの名前を聞いたことがあるかも知れません。名前からだけではそれぞれの違いや特徴が分からないので違いを比較してみましょう。

プリペイドクレジットカードとは?

プリペイドクレジットカードは、カードに事前に購入した金額をチャージしその範囲で買い物が出来るサービスです。三井住友カード株式会社が発行する「三井住友VISAプリペイド」が有名です。※プリペイドクレジットカード毎にカードが発行されますので、手持ちのクレジットカードに現金をチャージ出来るわけではありません。

一般的なプリペイドカードは図書カードやテレホンカードのように、ある金額のカードを買って、それを現金のように特定の用途で使えます。プリペイドクレジットカードというのは、それらのプリペイドカードよりも用途が限られていない分使い勝手が良いのが特徴です。

使い方は前もってクレジットカード会社のサイトで利用登録をします。クレジットカード番号とカードの裏にある認証番号を入力して、使える金額を設定します。その後は普通にクレジットカードと同じように使うことが出来るのです。街のお店ならクレジットカードを提示するだけで良いですし、インターネットショッピングなら入力画面の指示に従って、カードの名義人やカード番号などの情報を入れていきます。

もし金額が不足したらクレジットカード会社のサイトですぐにチャージをすることが出来るので便利です。最近ではバーチャルなプリペイドクレジットカードが出てきており、ネットでだけ使えるようになっています。

デビットカードとは?

デビットカードはプリペイドクレジットカードと違い事前にある金額をチャージする必要がありません。カードを使って決済したときにすぐ本人の銀行口座からお金が引き落とされるのです。仕組みは銀行のキャッシュカードのようなものです。銀行のキャッシュカードは1万円を引き落とすと、すぐに自分の口座から1万円が無くなります。

同じようにデビットカードを使って1万円分の買い物をすると、すぐに自分の口座から1万円が引き落とされます。クレジットカードのように翌月の引き落とし日に口座から引き落とされるわけではありません。一般的なデビットカードは銀行が発行しており、その銀行のキャッシュカードの機能も持ち合わせています。そのため海外などでは現地通貨を引き出すことが出来るので便利です。

ただ口座にある残高の分だけ利用が出来るので、いつでも口座にある現金の金額を把握しておくのが良いでしょう。デビットカードで買い物をするときには当然のことながら、分割払いやリボ払いの設定をすることが出来ません。

プリペイドクレジットカードのメリット

プリペイドクレジットカードは発行するときにメールアドレスなどの情報が必要ですが、それ以外の個人情報は開示する必要がありません。そのためにセキュリティ面で優れていると言えるでしょう。使用した明細なども家に届くことが無いので、匿名性が高いのが良いと言って気に入って使うユーザーがたくさんいます。個人情報をどうしても開示したくない買い物をするときや、セキュリティが心配な海外のサイトなどを使って買い物をするときには便利です。

スキミングなどの被害に遭っても、事前にチャージした金額以上の被害には遭わないので海外旅行のときにも重宝します。デビットカードと違って口座の残高が無くなるまで使ってしまう心配が無いのもメリットです。いつの間にか使いすぎてしまって口座の残高が無くなってしまったと言うことがありません。

プリペイドクレジットカードは使いすぎてもチャージした金額を上回ることが無いので予算の管理をきちんとしたい人に向いています。子供などにお小遣いとしてプリペイドクレジットカードを渡している親もいます。クレジットカードやデビットカードを渡すよりも安全ですし、なによりも使いすぎの心配が無いのが良いですね。

デビットカードのメリット

デビットカードのメリットは事前の審査が無くほとんど誰でも持つことが出来る点です。銀行口座を作れるのであればデビットカードを簡単に作れるのです。クレジットカードだと審査があり、年収やキャッシング利用履歴で審査に落ちる可能性などがありますが、デビットカードだとその心配が無いので安心です。在籍確認の電話が来ると言うこともありませんし、煩わしい書類手続きなどもほとんどありません。

口座の残高に関係なく買い物が出来てしまうクレジットカードと違って、上限は自分の口座残高までと分かりやすい仕組みなので使いすぎ防止になります。人によっては街の買い物はデビットカードにして、電気代や水道代などの固定費をクレジットカード払いにしている人もいます。プリペイドクレジットカードと違ってデビットカードは電子マネーへチャージすることが出来るので使用用途が広いのもメリットでしょう。

まとめ

デビットカードもプリペイドクレジットカードもそれぞれの特徴がありますので、自分や子供を含めた家族のニーズに合わせてどちらを使うかを考えましょう。二つのカードを組み合わせて、用途別に使い分けるのも良いでしょう。