クレジットカードを初めて持つ場合、最初に悩むのが年会費無料を選ぶか有料を選ぶかです。単純に考えると初めてなら年会費無料の方がお得に感じますが、途中から有料に切り替わるケースもあります。

せっかく年会費無料でクレジットカード会員になったのに、有料に切り替えられるとショックを受けます。クレジットカードは年会費無料と有料のどっちを選べばよいのか、それぞれの違いを比較してみました。

年会費有料のクレジットカードとは

年会費が有料のクレジットカードは会費を徴収されるだけあり、ポイント還元率が高かったり付帯サービスが豪華というメリットがあります。会費が有料ということはカード会社も予算を確保しているわけで、その分、付帯サービスとして還元率が高く、旅行保険も高いレベルで付いてきます。

年にたった数千円支払うだけでサービスや保険が良くなるのであれば、年会費有料のカードを選ぶのも悪くありません。年会費が有料のカードのサービスを比較検討して良いクレジットカードを選べば、空港ラウンジが無料で利用できるなど豪華なサービスを享受できる可能性があります。

ただデメリットとして、利用金額が少ないと損になる可能性があります。ポイントの還元率が高い分、年会費未満しか利用しない人にとっては損になってしまうのです。

年会費無料のクレジットカードとは

年会費無料のクレジットカードの最大のメリットは費用がかからないところで、最初に費用がかからないというのは大きな安心感であります。特に初めてクレジットカードを作る人にとっては安心材料になり、気軽に手続きできます。

また年会費永年無料のカードを選べば全く費用がかからないので、金銭的な心配なく試しに使ってみたい場合でも気軽に安全に申し込むことができます。

しかし一方で無料であるがゆえのデメリットも多く、年会費有料のクレジットカードと比べるとポイント還元率やサービスがどうしても劣ります。カード利用金額の多い人はポイント還元率の高い年会費が有料のクレジットカードの方がお得で、年会費の元が十分に取れて余りあるメリットがあります。

また、年会費無料カードと言っても入会時は無料でも途中で有料に切り替わることがあり、解約にお金がかかることもあります。

年会費無料のクレジットカードは注意が必要

年会費無料のクレジットカードで注意しないといけないのは、常に無料とは限らず途中で有料カードに切り替わる恐れがあるところです。解約時に費用が発生するカードもあるので事前確認は必須で、気軽に申し込める反面、審査が厳しいところもあります。

また特定の実店舗ではお得になっても、それ以外のお店では普通以下のカードになってしまうなど年会費無料の場合、何か足りない箇所があるカードが多いです。年会費を無料にするということは発行の時点では赤字覚悟なので、できるだけ年収が多くてカード利用が見込める人に使ってもらいたいと思っています。

そのため人を厳選する傾向にあり、年会費無料の場合、審査が厳しいところも少なくありません。審査が甘いところを選ぶなら、大手通販サイトを持っている大企業の年会費無料カードを選ぶなどある程度会社を選定する必要があります。

どっちがお得なのか

クレジットカードは年会費無料と有料どっちを選択するかは難しいものがあり、それぞれにメリット、デメリットが存在します。カード利用金額が多く年会費の元が取れる人で金銭的に損でもそれ以上の価値があるサービスが付帯されていれば、年会費有料のクレジットカードがおすすめと言えます。

年会費が有料の場合、年会費の元が取れる利用ラインがあるので、そのライン以上のカード利用ができるなら有料カードを選ぶとよいでしょう。

付帯するサービスや還元率は特に気にならず、とにかく無料で利用したいなら年会費無料のクレジットカードを利用するとよいでしょう。それぞれのメリット、デメリットをよく比較して、自分にとってお得な方を選ぶことが大切です。

まとめ

その人にとっていかに使いやすいかがポイントで、年会費が無料でも使いにくいカードよりは有料で使い勝手の良いカードの方が結果的にお得と言えます。

年会費有料と無料のクレジットカードは、どちらも甲乙つけがたいものがあります。ポイント還元率やサービスを比較しながら利用頻度を考慮し、使い勝手の良いクレジットカードを選びましょう。