家族で使える家族カードはとても便利で、ファミリーカードとして人気を博しています。契約者である本人会員の家族に発行できるカードなので、収入のない専業主婦や学生が便利に追加カードとして発行してもらえます。

しかし、付帯保険やポイント優遇サービスなどもある家族カードはお得なのですが、一方で何をいくらで購入したかが家族にバレてしまうリスクがあります。

家族カードとは

家族カードは家族みんなが共有できるカードで、父だけクレジットカードを持っていて母と子どもが持っていないような場合に便利に利用できます。

お母さんが専業主婦で子どもが学生で働いていないと、クレジットカードの審査に通らない可能性が高くなります。しかし家族カードなら父が責任を持てば母や子どもにクレジットカードを持たせることが可能です。

家族カードは契約者の家族に対して発行されるカードで、発行を受けた家族はそのカードの家族会員になることができます。本人会員への信用があれば追加カードとして発行されるもので、自分では作りにくい人でも家族カードなら持つことが出来ます。

特に家族カードであることを意識せずに使うことができるのが良いところで、利用代金の請求や引き落としは本人会員の元で一括して行われます。

家族カードのメリット

家族カードを持つメリットは各種保険が付帯され、本人会員カードと同様の保証がつくところです。つまり本人会員カードに旅行保険やショッピング保険が付帯されていれば家族カードにも同じ補償がつくということです。うまく活用すれば保険の面で有利になり、障害補償や疾病保証の補償金額が合算して支払われることになります。

利用明細書がまとまって家計を管理しやすいのもメリットで、家計管理が簡単になります。家族カードごとに利用明細が分類されて金額が記載されるので、誰がどれくらい使ったのかもすぐに確認できます。

複数のカードをそれぞれ持つと複数の明細を見ないといけませんが、家族カード1枚なら1つの明細ですべての支出がわかります。

ポイントやマイルが貯まりやすいのも家族カードのメリットで、利用数が多くなることでポイント還元率が上がります。家族カードは審査も通りやすく、本人会員の信用で発行されるので、支払いや滞納さえなければ大抵の場合、家族は審査に通ります。

家族カードのデメリット

家族カードのデメリットは利用限度額が共通化されてしまうところで、家族カードを発行しても利用限度額は増えません。決められた枠の一部しか家族は使うことができず、利用限度額にはゆとりがありません。

特に利用限度額が少ないクレジットカードで家族カードを作ると、1人か高額商品を買うと一気に限度額に達することがあります。そのためいざという時にカードを使えなくなる可能性があります。

また、家族カードは利用明細がまとめられて送られてくるので購入したものがバレるリスクがあります。家族全員の利用明細がまとめて届くので、詳細が家族にバレて気まずくなるかもしれません。

自身の利用履歴を育てられないのもデメリットで、家族カードの場合、信用度に関わる利用履歴を育てることができません。将来的に自分のクレジットカードを持ちたいなら、家族カードを作るのではなく自分のカードを作成するのが賢明です。

家族カードは魅力的

特別な理由がなければ家族カードよりも普通のポイント還元率が高くて入会ポイントを多く貰えるクレジットカードの方が作り甲斐があります。しかし家族で共有できる家族カードのメリットは大きく、家族ならではのお得になることも多く魅力的です。

無料もしくは割安の年会費になる家族カードは、元になるクレジットカードの年会費と比べても格段に安い年会費で発行されています。ポイントもしっかり貯まり、利用した分のポイントが1枚のカードにまとめられます。ポイントは1人ずつでは中々貯まりにくいですが家族カードを利用すれば貯まりやすくなります。

また、本会員のクレジットカードに付帯保険サービスがついていれば、家族カード利用者も同じサービスを共有することができます。年会費の削減や付帯保険を上手に活用したいなら、家族カードを是非利用すべきです。

まとめ

家族カードは便利で、1枚あれば家族が共有して仲良く使うことができます。審査に通りにくい専業主婦や学生でも家族カードなら加入することができるので、大いに利用しましよう。