クレジットカードには審査があるので、パートやアルバイトに勤めている人は発行してもらえるのか不安になります。アルバイトやパートをしている人は収入が不安定なので、巷ではクレジットカードの発行は難しいとよく言われています。

しかし最近はアルバイトでも発行できる審査に通りやすいクレジットカードは意外と沢山あり、実際に保有している人も少なくありません。

審査が甘いカードを狙う

パートやアルバイトでも作れるクレジットカードを探しているなら、審査基準ができるだけ甘いカードを選ぶのがポイントになります。そのためには発行会社を参考にするとよく、発行会社によって審査基準は大きく異なるからです。

それなりの年収がないと審査に通らないような審査基準が厳しいところは避けるべきで、銀行系よりも流通系やショッピング系、スーパー系がおすすめです。ショッピング系やスーパー、コンビニ系列のカードや消費者金融系の場合、審査が甘くなっています。そうしたところを狙うと良く、パートやアルバイトでもクレジットカードを発行してくれる可能性が高くなります。

コンビニやスーパーが発行するクレジットカードは、主婦の生活に密着しているのでパート勤めの主婦におすすめになります。申し込み基準を参考にして、そこから審査基準を推測することも大事です。

パートやアルバイトの人におすすめのクレカ

一番にパートやアルバイト勤めの人におすすめできるクレカと言えば、消費者金融系のカードです。基本的にパートやアルバイトでもOKと公表していて、コンビニATMでも便利に先払いができるからです。特に大手の消費者金融が発行しているクレジットカードなら信用があり、比較的審査に通りやすくなっています。

ただし、リボ払い専用カードであることも多いので、利用にあたっては注意が必要です。また口座引落としは不可でATMを使って利用金額を支払う仕組みになっています。

大手通販サイトのクレジットカードもおすすめで、ポイント還元率が高いので使い勝手が良く、知名度が高いことから利用実績も高くなっています。多くの人にクレジットカードを発行しているので、とりあえずアルバイトだけどすぐにクレジットカードを利用したい人におすすめできます。

審査に通るには工夫も大事

審査に通りやすいクレカを利用すればパートやアルバイトの人でもクレジットカードを作りやすいのですが、万全を期すなら審査に通るよう工夫も大事です。審査に落ちてしまわないようにするには、年収100万円は達成するように努力することです。

パートやアルバイトの収入が100万円前後になるとクレジットカードを発行できる可能性が高くなるからで、審査する側も収入をよく見ています。ある程度の稼ぎがあれば、きちんと働いているという証拠になります。

審査に通るには限度額を低めに設定することも大事で、必要最低限の限度額を設定するようにしましょう。限度額が多くなると審査基準も厳しくなるので、多くても20万円以内に止めることです。また、キャッシング枠があるといつでも現金を借りられる状態になるので、キャッシング枠はできるだけ設定しないようにしましょう。

消費者金融系か流通系がおすすめ

パートやアルバイトの人がクレジットカードを作る場合、審査が緩くて甘いカードがおすすめなので、消費者金融系や流通系なら間違いないでしょう。これらの業界はお金を借りてくれる利用者を獲得しようと躍起になっていて、甘い審査に徹底しているからです。

特に消費者金融系のクレジットカードであれば、他のクレジットカードが落ちた人でも審査に通る可能性は十分にあります。流通系のカードは儲けるビジネスモデルがしっかり確立されていて、ショッピングでの消費を推進しながらキャッシングで儲ける仕組みが構築されています。

消費とキャッシング利用の可能性を広げていることが審査基準の甘さにつながっています。パートやアルバイトでも作れるクレジットカードを選ぶなら、消費者金融系か流通系で決まりです。

まとめ

パートやアルバイト勤めの方はクレジットカードの発行が不安になりますが、審査に通りやすいカードを選べば大丈夫です。おすすめは消費者金融系や流通系のカードで、銀行系などと比べると審査が甘く通りやすくなります。